Beatandone

【2018年 総まとめ】今年のベストアイテム&サービスを発表!

   

2018ベストアイテム今年も残すところあとわずかとなりました。毎年恒例の個人的に選んだ2018年ベストアイテムを紹介します。年を追うごとにデジタル化が進み、日々の生活アイテムがだいぶ変わってきた印象の2018年。今回も悩みに悩んで決めた厳選アイテムです。新たなモノ選ぶの参考にしてみてください。ちなみに昨年の2017年版はこちら

スポンサーリンク

2018年ベストアイテム&サービスを7つ紹介

1. iittala (イッタラ) マグカップ

イッタラのマグカップ

北欧フィンランドを代表するインテリア雑貨iittala (イッタラ) 。ずっとシンプルで使いやすいマグカップを探していて、やっと見つけたのがこのイッタラのマグカップ。これまで柄物やデザイン性を重視していたマグカップをいくつか使用してきましたが、やっぱりシンプルで使いやすいのが一番です。イッタラのマグカップはそのような理想通りの主張し過ぎないシンプルなデザインに加え、そっと生活に寄り添うような使いやすさが魅力的。生活する上で、お気に入りのマグカップはすごく大切だと気付かされたアイテムです。

>>イッタラ ティーマ マグ 300cc ホワイト【並行輸入品】

2. JASON MARKK (ジェイソンマーク) スニーカークリーナー

ジェイソンマークのスニーカークリーナー

スニーカー愛好家には定番のクリーナーJASON MARKK (ジェイソンマーク)。以前にも記事で紹介しましたが、今でも絶賛愛用中です。このクリーナーの良さは何と言っても抜群の洗浄力です。汚れが気になるスニーカーを綺麗にしてくれるので、清潔さを保ってくれます。”ファッションは足元”からという言葉通り、自分が普段着用する靴は常に綺麗にしておきたいです。磨きながら漂うほのかな香りもGOOD。

>>[ジェイソンマーク] jason markk 4 OZ. PREMIUM KIT

3. はじまりへの旅 (MOVIE)

映画はじまりへの旅

今年は、ほとんどTVを観ることなく過ぎてゆきました。その代わり、時間があればたくさんの映画を観てきました。その中から選んだマイベスト映画は「はじまりへの旅」。現代の社会に接触することなく、森で暮らす家族。ある出来事がきっかけで街へ出て世間と接触する物語です。この映画はいわゆるロードムービーなので、半ば旅をしながらのんびりした内容かなぁと思いながら鑑賞していました。しかし物語が進行するにつれて、この映画は現在の私たちが抱えている深いコトを訴えかけていると感じました。それは何なのか。個々で感じ方は様々ですが、私はふと今の教育や常識のことを改めて考えさせてくれました。深みのある良い映画です。

>>はじまりへの旅 [DVD]

4. Levi’s®️ STA PREST 502モデル

スタプレパンツ

リーバイスが誇るノンデニムの代表的アイテム「STA-PREST (スタプレ)」。シワになりにくく、実用性の高いスタプレは今年たくさん着用しました。普段はデニムをよく履いていましたが、今年の夏ごろに購入して以来、スタプレの着用率が非常に高かったです。ブラックのパンツを探しているときに見つけて試着の段階で履き心地の良さを実感しました。スタプレはいくつか種類(モデル)があるので、自分の好みに合わせてセレクトしてみると良いです。ちなみに私は502タイプを愛用しています。

STA PREST 502™モデル CHINO MINERAL BLACK

5. PILOT COCOON (パイロット コクーン) ボールペン

パイロットのボールペン

これは以前から愛用しているモデルを今年新調した「PILOT (パイロット)」のボールペンです。全く同じモデルを使い続けるくらいこのボールペンは抜群に書きやすいです。見た目は特に特徴のないフォルムなのですが、使ってみるとこの握りやすさがとても快適でクセになります。ボールペンは100円~ちょっと高価なモノまで何本か所有していますが、今年はこのボールペンをよく使いました。値段も極めてリーズナブルな一本。COCOON (コクーン)というモデルです。

>>パイロット ボールペン コクーン BCO-150R-MGY

6. Wichard (ウィチャード) カラビナ

ウィチャードのカラビナ

普段の生活で鍵を収納する際に愛用している「Wichard (ウィチャード)」カラビナ。元々ヨットマンがロープを固定する際に使用するカラビナは丈夫で耐久性に優れています。実は数年前からこのウィチャードのカラビナを愛用していて、やっぱり良いなと思い、今年のベストアイテムにセレクトしました。バネの強度がしっかりしていて、もう何年も使用していますが全くへたらずにまだまだ現役で愛用しています。デザインもベーシックなので普段のスタイルに合わせやすいです。フランス製というのも惹かれた理由のひとつです。

>>ウィチャードセイラーカラビナL / フランス製

7. Amazon Prime (アマゾンプライム)

昨年に引き続き、今年もAmazon Prime (アマゾンプライム)がランクイン。年々、アマゾンプライムの映画や雑誌のラインナップが充実していてお世話になっています。ここ最近は、普段紙媒体で読んでいたファッションやインテリア雑誌のラインナップが豊富で非常にありがたく読んでいます。おなじみの映画もダウンロード機能が非常に便利で、電波の届かない移動中などによく利用しています。これで月額400円。年間3,900円。30日間の無料期間があるので試してみる価値ありです。
>>Amazonプライム・ビデオ

 - GOODS