Beatandone

コンバースの「チャックテイラー」が最高のスニーカーである理由

   

コンバースct70ブラックスニーカー史上最も人気があり、知名度の高さを誇るコンバース社の名作 ”オールスター”。そのオールスターの原型と言われているヴィンテージモデル「チャックテイラー (Chuck Taylor)」。スニーカー好きにはたまらないローテクスニーカーの代表格であるチャックテイラーは、数あるスニーカーの中でも特に人気のあるモデルとして知られています。

今回はチャックテイラーの魅力をさまざまな角度から迫っていきます。チャックテイラーを知らない人に向けて、わかりやすく解説していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

チャックテイラー (Chuck Taylor)とは

オールスター三ツ星マーク

星のマークが印象的なチャックテイラーのヒールパッチ

アメリカのシューズブランド「コンバース社 (Converse)」が、1917年に世界ではじめてバスケットシューズとして世に送り出したモデルがキャンバス地の「オールスター (All Star)」。その後、1960-70年代に登場したヒールのロゴやサイドステッチによる当て布パッチなどを施したヴィンテージモデルが「チャックテイラー (Chuck Taylor) 」と呼ばれています。

現行のオールスターとは比較にならないほど、完成度の高さで評判のチャックテイラー。現在ではオリジナルのチャックテイラーは希少性が非常に高く、ほとんど流通していないレアアイテムです。コンバースやヴィンテージをこよなく愛する者なら誰もが欲しがる究極の一足となっています。

チャックテイラーと現行オールスターの違い

コンバースct70サイドステッチ

①サイドステッチによる当て布(写真中央) ②ヒール差は現行のオールスターと比べると約5mmほど大きい ③肉厚のシューレースを使用

それでは現行のオールスターとチャックテイラーの違いを解説していきます。今回は、チャックテイラーの復刻版「CT70」を参考に比較してみます。違いは大きく分けて、3つあります。

①当て布

まず1つ目の大きな違いは「当て布」です。当て布とは、アッパー部分を補強するために付けた布のことです。現行のオールスターには当て布による補強は施されていません。その点、チャックテイラーにはしっかりと当て布の補強があり、表にサイドステッチの縫い目がくっきりと確認できます。オールスターに詳しい人は、表面のサイドステッチの有無で即座にオールスターorチャックテイラーの判断ができます。デザイン的に見ても、サイドステッチがあったほうがクラシックな雰囲気があってGOOD。

②ソールの厚さ

2つ目は「ソールの厚さ」です。現行のオールスターと比較して、チャックテイラーのほうが約0.5mmほど厚みがあります。(モデルによって個人差あり) 現行のオールスターは履いていると疲れるという声をよく耳にします。一方、チャックテイラーはソールに厚みがある分、クッション性があり、快適な履き心地を実現しています。本当に履きやすいです。

③シューレース(靴ひも)

最後は、「シューレース (靴ひも)」です。現行のオールスターの靴ひもはポリエステル混紡で若干軽すぎる雰囲気がありますが、チャックテイラーは厚みのある”コットン100%”。ここの差は大きいです。靴ひもでスニーカーのイメージが変わるので、このあたりもチャックテイラーのこだわりを感じさせます。

「チャックテイラー」の履き心地

チャックテイラーct70正面

トゥ部分は艶のある素材でより一層の雰囲気に仕上がっている「CT70」

履き心地について

僕はこれまで色々なオールスターを履いてきましたが、この「チャックテイラー」は、ずば抜けて履き心地が良いです。現行のコンバースは底が薄く、歩いていてもすぐに疲れてしまいます。(扁平足が原因でもあります) 元々、オールスターのデザインが大好きで、多少無理をしてでも履いていましたが、もう少しクッション性やソールに厚みがあればと思っていました。

コンバースct70ロゴ

コンバースのロゴと文字をシンプルに配置。

その点「チャックテイラー」は、その大きな課題を難なく乗り越え、クッション性があり、長時間履いても疲れにくいのが最大の魅力です。細長くシェイプした雰囲気も好み。細身のデニムなどと相性抜群です。

チャックテイラー復刻「CT70」や「Converse Addict」は入手困難

オールスターct70箱

レトロ感のあるFirst String (ファースト ストリング) 専用の赤い箱「CT70」。

通常のコンバース・オールスターは近くのスニーカーショップで簡単に手に入りますが、アメリカをメインに展開している1960-70年代のチャックテイラーを忠実に復刻したモデル「CT70」。さらに、コンバースの最上級ライン「Converse Addict」で展開しているチャックテイラーは入手困難です。古着屋やセレクトショップなどで運良く見かけたらラッキーです。もし見つけたら、細かなディテールを確認しておきましょう。スニーカーの価値観が間違いなく変わります。

 - FASHION