Beatandone

FR2とは?SNSを中心に人気爆発のブランドの魅力に迫る

   

FR2とは

都内にオープンしたFR2路面店

SNSを中心に爆発的人気を誇るアパレルブランド「FR2 (エフアールツー)」。2015年にブランドがスタートして以来、”謎のウサギマーク”が世界中のファッションピープルから熱い支持を得ています。

現在では東京都内に路面店(2018年現在)を展開し、世界の有名なオンラインストアでも取り扱いをスタート。日本でも若者を中心に人気が加速しているFR2とは何なのか。

今回は、FR2の正体や人気アイテムを紹介します。よく見かけるあのウサギマークが気になっている方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

FR2とは?

FR2の店内

FR2 原宿店の外観

”We are Fxxking Rabbits”をテーマに、2015年に誕生したファッションブランド「FR2 (エフアールツー)」。カメラマンが着る服というコンセプトに、主にアパレルアイテムを中心に展開しています。FR2といえば、ウサギのマークがブランドアイコンとして有名です。様々なアイテムにウサギのロゴが配置されています。

FR2は、”fxxking rabbits”名義でカメラマンとしても活躍しています。世界のリアリティーのある風景や女性の大胆なヌード写真などをカメラに収め、そのままプリントTシャツとして販売をしたり、不定期で展示会などを行っています。広告費を一切使わずに、SNS (主にinstagram)と口コミだけで人気が広がり、世界中のセレブや芸能人がこぞって愛用しています。今では世界で活躍する日本ファッションブランドとして認知されており、更なる躍進を続けています。

FR2の正体は誰なのか

fr2ブランドロゴ

FR2を象徴するブランドロゴ

いつもウサギの着ぐるみで正体不明のFR2の正体は誰なのか。様々な憶測が広がる中、一番有力視されているのが、メンズブランド「VANQUISH (ヴァンキッシュ)」の創業者である石川涼氏。彼は20代前半で起業し、渋谷109メンズブランドで圧倒的な人気を誇っているヴァンキッシュを立ち上げます。

その後、日本ファッションウィークへ初参加。さらには、日本のストリートシーンでカリスマ的存在を誇る藤原ヒロシ氏との共同プロジェクト「DENIM BY VANQUISH & FRAGMENT」を発表し、アジア進出を果たすなどファッション界で大注目のキーパーソンです。

FR2の魅力は”今を感じさせるモノ”がそこにある

fr2原宿店

FR2の人気の秘訣とは何なのか。凄まじい勢いで人気ブランドへ上り詰めたFR2の魅力は、何と云っても”今を感じさせるモノ”です。現代ではインターネットやSNSが普及し、世界中の情報が一瞬でキャッチできる時代に私たちはいます。

ファッションは時代に合わせて様々なトレンドを生み、それを繰り返しています。それと同時に安価で大量生産された洋服が世に溢れ、感動を感じさせるブランドが少なくなってきました。

日本だけではなく世界にマーケットを拡大するFR2は、忘れかけていたファッションにおける”感動”を肌で感じさせる稀有なブランドです。ユーザーを驚かせるメッセージプリントや今を反映した過激なフォト(写真)。デジタル化によってコンパクトになりつつあるファッションに新たな発見を感じさせるFR2の今後も目が離せません。

FR2を代表する人気アイテムを紹介

“Smoking Kills”スウェットシャツ

FR2スウェットシャツ

FR2を代表するメッセージロゴのひとつ”Smoking kills”を配置したスウェットシャツ。海外のタバコに記載されていた「SMOKING KILLS」という注意書きに着想を得て、デザインに落とし込んだ渾身の一枚です。FR2を有名にしたメッセージロゴは現在でも爆発的人気を誇り、世界各地から多くの支持を集める売り切れ必須アイテム。

>>FR2 エフアールツー “Smoking kills” Photoトレーナー

FR2×JAM HOME MADE マルチウォレット財布

FR2財布

「FR2」とアクセサリーブランド「JAM HOME MADE」がコラボレーションしたマルチウォレット財布。シンプルな二つ折りのタイプで、内側にはカードケースが付き、外側にはマネークリップを搭載しています。使うごとに味わい深く、デイリーユースに使用できる落ち着きのあるカラーとデザインに仕上がっています。

>>ジャムホームメイド #FR2 – DOUBLE FACE MULTI WALLET ウォレット

“Smoking Kills”スウェットシャツ

FR2Tシャツ

ブラックジョークを踏まえたFR2のメッセージプリントTシャツ。シンプルかつユーモアたっぷりのFR2らしい一枚はブランドの魅力のひとつと言っても過言ではありません。デザイナー自身、これからのファッションには付加価値として”感動”が必要であると語り、世界規模で躍進するFR2の想いを込めたアイテムです。

>>(エフアールツー) FR2 BUY MAY T-shirt

 - FASHION