Beatandone

人気沸騰!LEVI’S (リーバイス)701デニムを穿いて50年代スタイルを堪能する

   

リーバイス701

入荷したら即完売状態が続くリーバイス ビンテージ クロージングから発売されている人気の復刻デニム1950s「701」。ハリウッド女優のマリリン・モンローが愛用していたことで知られているハイウエストのセルビッジデニム。当時のディテールを忠実に復刻したリーバイスの701デニムとは何か。

今回は、女性から圧倒的な人気を誇るリーバイス701デニムを紹介します。細かなディテールや特徴を解説していますので、リーバイス701のご購入を検討している方は是非とも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リーバイス701とは

701ポケット部分

1950年代の”701”デニムを忠実に復刻

LEVI’S VINTAGE CLOTHING (リーバイス ビンテージ クロージング)から発売されている「701」。1930年代後半にレディースラインでは”初”となる5ポケットタイプのデニムが開発・製造されたのが”701”デニムといわれています。

その後、1950年代に入るとシンチバッグと呼ばれるデニムベルトは無くなり、701デニムの特徴であるハイウエストのシルエットがそのまま残されることになりました。

リーバイス701の特徴

リーバイス701フロント部分

リーバイス”701″フロント部分。

リーバイス”701″デニムの最大の特徴は、ハイウエストとストレートシルエットです。柔らかい10オンスのデニムを使用している為、非常に穿きやすいデニムとして定評があります。ノンウォッシュ(リジッド)デニムというと、どうしても見た目同様に生地が硬くて窮屈なイメージがありますが、その点”701”デニムは穿きやすさを考慮した作りになっています。

リーバイス701ディテール

左上から時計回りに:ビッグ”E”のレッドタブ。スペード型のバックポケット。タロンジップフライ。チェーンステッチとセルビッチ(赤耳)。

さらに魅力的なのは、701デニムのこだわり抜いたディテールにあります。リーバイスデニムの限られた年代に使用されるビック”E”マークのレッドタブ。象徴的なバックポケットのステッチ(隠しリベット付き)。さらに、ハイウエストならではの長めのタロンジップフライ。極め付けは、セルビッシ(赤耳)仕様にチェーンステッチが施されています。リーバイスの伝統を引き継いだ完成度の高い復刻デニムとなっています。

大女優マリリンモンローも愛用していた”701″

701マリリンモンロー

photo credit: Anne Helmond MoMa NYC via photopin (license)

1950-60年代に活躍したハリウッドの大女優マリリン・モンローはリーバイス701を愛用していたといわれています。マリリン・モンローといえば、ドレスやワンピースなど華やかなイメージがありますが、プライベートやオフショットではカジュアルなスタイルをしていました。特に、デニム(ジーンズ)をよく好んで着ていて、リーバイス701を穿きこなすマリリン・モンローは当時多くの女性たちの憧れの的でした。今見ても上品でスタイルの参考になります。

リーバイス701とオールスターを合わせた50年代コーデ

リーバイス701とコンバースオールスター

ウエストラインで穿く701デニムは、他のデニムと比べて特徴的なシルエットをしています。1950年代ならではのクラシックな要素も含まれているので、定番のデニムスタイルにはコンバース・オールスターなどと合わせて小慣れ感を演出しましょう。非常に完成度が高いリーバイスビンテージクロージングの701デニム。完売状態が続いている人気デニムなので、在庫があった時がチャンスです。

【LEVI’S 公式通販】

リーバイス1950s 701デニムは公式オンラインストアでお取り扱いをしています。

 - FASHION