Beatandone

ニルヴァーナの伝説をアルバムと代表曲と共に振り返る

   

1990年代初頭に起こったグランジブームの火付け役として、ロック史に残る名曲を数多く生み出した伝説的ロックバンド「ニルヴァーナ (Nirvana)」。彼らの名盤である”NEVERMIND”というアルバムで若者を中心に熱狂させ、一躍トップスターの仲間入りを果たし、解散後もフロントマンであるカート・コバーンを中心に、現在でも根強い人気があります。

今回は、ニルヴァーナのアルバムや代表曲を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ニルヴァーナ (Nirvana)とは

ニルヴァーナカラー

photo credit: via photopin (license)

ニルヴァーナ(Nirvana)は、アメリカ・ワシントン州出身のグランジ・ロックバンド。

1987年、カート・コバーンとクリス・ノヴォセリックを中心にバンドを結成。バンド名を「ニルヴァーナ」として本格的に活動を開始する。1989年、サブ・ポップからデビューアルバム「BLEACH (ブリーチ)」をリリース。当時の若者の代弁者として熱狂的なファン層を獲得する。翌々年、1991年に発売されたセカンドアルバム「NEVERMIND (ネヴァーマインド)」で驚異的なセールスを記録。その頃、ポップやヘビーメタルが全盛であった全米の音楽シーンを塗り替えり、グランジロック旋風を引き起こす。

人気絶頂の1994年4月5日、ニルヴァーナのフロントマンであるカート・コバーンが自宅でショットガンを放ち、自殺。惜しまれつつも、その後バンドは解散する。メジャーデビューからの活動期間はわずか4年間。オリジナルアルバム3枚を残して伝説となった。

ニルヴァーナのメンバー紹介

最終メンバー

ボーカル・ギター:カート・コバーン (Kurt Cobain)

ワシントン州出身。バンドではボーカルとギターを担当。グランジ旋風の立役者にしてカリスマ的な人気を誇るニルヴァーナの最重要人物。音楽だけではなく、ファッションや言動、プライベートに及ぶまで常に注目される存在。1994年、シアトルの自宅で自殺。27歳没。

ベース:クリス・ノヴォセリック (Krist Novoselic)

ワシントン州出身。バンドではベースを担当。ニルヴァーナ結成当初はギターとボーカルを務めていたほど万能なセンスの持ち主。カート・コバーンの誘いでバンドに加わり、ニルヴァーナ結成時からのメンバーである。

ドラム:デイヴ・グロール (Dave Grohl)

オハイオ州出身。バンドではドラムを担当。オーディションを受けてバンドに加わり、優れたドラミングで定評がある。ニルヴァーナ解散後は、「フー・ファイターズ」を結成。ボーカルとギターを務めて精力的に活動し、グラミー賞を獲得するほどの成功を収める。

ニルヴァーナのオリジナルアルバム

BLEACH (ブリーチ) 1989年

ブリーチ

1989年にサブ・ポップより発売されたニルヴァーナの1stアルバム「BLEACH (ブリーチ)」。プロデューサーはジャック・エンディノ。インディーズでの発売ということもあり、当時の出荷枚数はけっして多かったとは言えない本作。制作費はなんと600ドル。それでも限られた予算と時間の中で、ニルヴァーナの荒々しいサウンドが光る衝撃のデビューアルバム。”blew” , “About a Girl” , “School”というニルヴァーナの代表曲はこのアルバムから誕生しました。どこか不安的な、あるがままのサウンドがいかにもニルヴァーナらしい作品に仕上がっています。

>>Bleach: 20th Anniversary Deluxe Edition/Remastered & Expanded

NEVERMIND (ネヴァーマインド) 1991年

ネヴァーマインド

1991年に発売された2ndアルバム「NEVERMIND (ネヴァーマインド)」。ロック史に残る名盤とされているニルヴァーナの代表的なアルバム。プロデューサーはブッチ・ヴィグ。発売当初から驚異的なセールスを記録し、全米にグランジロックのムーブメントを広げた渾身の一枚。

商業的に成功を収めたこのアルバムでは、ニルヴァーナの名曲 “Smells Like Teen Spirit” を始め、”In Bloom” , “Come as You Are” , “Lithium”,”Drain You” , “Something in the Way”というヒット曲を数多く収録し、ポップとロックの要素を融合したバランスのとれた優れたアルバム構成になっています。ジャケット写真はあまりにも有名で、ニルヴァーナの象徴となっています。全米チャート1位。

>>Nevermind (Remastered)

IN UTERO (イン・ユーテロ) 1993年

イン・ユーテロ

衝撃的な2ndアルバムを経て、翌年の1993年に発売された3rdアルバム「In Utero (イン・ユーテロ)」。事実上、ニルヴァーナ最後のオリジナルアルバムとなってしまった本作。前作ネヴァーマインドにおけるポップな要素は含まれず、このアルバムではカートコバーンの内面にあるダークな部分が強く反映されています。”Heart- Shaped Box” , “Rape Me” , “Dumb” , “Pennyroyal Tea” , “All Apologies”はバンドの持つ音楽性が深く染み込んだ曲となっており、ニルヴァーナを知る上では非常に重要な一枚です。

>>In Utero: 20th Anniversary: Deluxe Edition

ニルヴァーナのライブアルバム

MTV Unplugged in New York (MTV・アンプラグド・イン・ニューヨーク) 1994年

アンプラグド・イン・ニューヨーク

1993年10月18日にアメリカ・ニューヨークのスタジオで収録されたライブアルバム「MTV Unplugged in New York」。MTVの番組用に収録されたこのライブアルバムは、アコーステックな曲に合わせて演奏するニルヴァーナがなんとも新鮮で記憶に残る一枚です。また、カート・コバーンが愛してやまないアーティストのカバー曲も披露されており、懐の深さを感じます。興味のある方は、映像版も鑑賞してみてください。終始、自然体なカート・コバーンの姿がかっこいいです。

>>MTV Unplugged In New York

From the Muddy Banks of the Wishkah (フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ウィシュカー) 1996年

フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ウィシュカー

1989年〜1994年までのニルヴァーナのライブ音源から選曲されたコンピレーションアルバム「From the Banks of the Wishkah」。カート・コバーンの死後に発売されたこのアルバムは、他のメンバーであるクリスとデイブによって選曲されたリストが並んでいます。世界各地で行われたライブ音源を一枚のアルバムに収録しているにもかかわらず、見事なミキシングで完成度が非常に高い作品です。

>>From the Muddy Banks of the Wishkah

Live at Reading (ライヴ・アット・レディング) 2009年

ライヴ・アット・レディング

1992年に行われたレディング・フェスティバルのライブ音源を収録したアルバム「Live at Reading」。ニルヴァーナの絶頂期にして、大トリを飾った伝説のレディング・フェスティバルでのライブパフォーマンスは圧巻の一言です。演出やセットリスト、会場の雰囲気ともに最高のライブであることは間違いありません。独自のサウンドで時代の寵児となったニルヴァーナの貴重なライブ音源は必見です。

>>Live at Reading

ニルヴァーナ・ベストアルバム

Nirvana (ニルヴァーナ) 2002年

ニルヴァーナ・ベスト

2002年に発売されたニルヴァーナのベストアルバム「Nirvana」。カート・コバーンの死でバンドが突如解散し、これまでのニルヴァーナが発表した名曲たちを余すことなく収めた本作。未発表曲である”You Know You’re Right”が新たに収録されている貴重な一枚です。ファンのみならず、ニルヴァーナをはじめて聴く方にはおすすめのベストアルバムです。

>>Nirvana

ニルヴァーナのおすすめ代表曲10選

カートコバーン・アンプラグド

photo credit: via photopin (license)

  1. Blew 「Bleach」
  2. About a Girl 「Bleach」
  3. School 「Bleach」
  4. Smells Like Teen Spirit 「Nevermind」
  5. Come as You Are 「Nevermind」
  6. Drain You 「Nevermind」
  7. Something in the Way 「Nevermind」
  8. Dumb 「In Utero」
  9. Pennyroyal Tea 「 In Utero」
  10. All Apologies 「In Utero」

 

 - MUSIC