Beatandone

定番パックTシャツはこう選ぶ!ヘインズなど人気4大ブランドの無地Tを紹介

      2015/06/16

最近はどこのセレクトショップでも、見かけることが多いパックTシャツ。パックTシャツの何よりの魅力は、比較的リーズナブルで手に入り、何枚もストックできるところ。特に白無地のTシャツは、メインの夏だけでなく、インナーとしても使い回しが効くので、年中着ている人も多いはず。そんな僕も、一年中着ていて収納に困るほど。。

今回は、そんなパックTシャツの人気定番ブランドを紹介。各ブランドによってサイズ感や素材が違うので、しっかり特徴を押さえてベストな一枚を愛用しよう!

スポンサーリンク

パックTの定番Hanes(ヘインズ)

ヘインズロゴ

パックTシャツといえば誰もが知っているHanes(ヘインズ)。アメリカのスーパーマーケットには必ずと言っていいほどストックされていて、日本でも見かけるが多い。ヘインズの特徴は、クセがなく、自然体で着れる快適さ。どこか懐かしさを感じるのも歴史あるこのブランドの持ち味。定番ブランドのヘインズでは、基本は赤・青・ゴールドの三種類。

ヘインズVネック

ヘインズラインナップ

名称 素材 特徴
赤パック コットン100% 1942年に登場し、最も歴史がある赤パック。これぞヘインズ!という独特の「クタリ」感を楽しめる。
青パック コットン75%ポリエステル25% ポリ混合で汗をかいても乾きやす、型崩れしにくい青パック。ドライな肌触りで涼しく着ることができる。
ゴールドパック コットン100% 上質のプレミアムコットン素材のゴールドパック。型崩れも少なく、着心地抜群。ヘインズパックTシリーズの優等生。

よく見かけるのが、この3つのパッケージ。全て同じではない。それぞれパッケージごとに違いや特徴があります。これが、ヘインズの無地パックTシャツ。ガンガン着て、クタリ感を楽しむなら「赤」。通気性が良く、ドライな質感を求めるなら「青」。素材にこだわり、型崩れしにくい「ゴールド」。迷った時は、シーンに合わせた着回しをすることが大切です。定番なので、ひとつは持っておきたいアイテム。

>>Hanes(ヘインズ)赤パックTシャツ3枚組

>>Hanes(ヘインズ)青パックTシャツ3枚組
>>Hanes(ヘインズ)ゴールドパックTシャツ3枚組


 

シュプリーム他にも、ヘインズではシュプリーム(supreme)、デラックス(DELUXE)、ステューシー(STUSSY)など近年のストリートブランドとのコラボが充実。昔からの製法は変えず、トレンドをしっかり取り入れたヘインズのブランド力は今も変わらず人気の秘密。今後もヘインズから目が離せない王道ブランド。

>>Supreme(シュプリーム)×Hanes(ヘインズ)Tシャツ3枚組

柔らかい風合いで魅了するHealthknit(ヘルスニット)

ヘルスニットパック

元々、高品質のニットウェアブランドとして誕生したHealthknit(ヘルスニット)。特徴は何といっても素材感。アメリカ綿を使用した柔らかい風合いがあるヘルスニットは、着心地が抜群に良い。元々、三つボタンのヘンリーネックが有名なヘルスニットですが、無地のパックTもカラーバリエーションが豊富でおすすめ。

ヘルスニット

サイズは少しゆったり目。なので、ワンサイズ小さめを選ぶか、標準サイズで縮みを考慮して着るのもアリ。綿100%なので、洗濯すると1~2cm縮みます。ソフトな着心地を求めるなら、間違いなくHealthknit(ヘルスニット)。

>>Healthknit(ヘルスニット)2枚組VネックTシャツ

貴重なアメリカ製Velva Sheen(ベルバシーン)

ベルバシーンパック

アメリカのカレッジやスポーツ用のプリントTシャツで知られるVelva Sheen(ベルバシーン)。古着屋でもよく見かけることが多いブランド。現在でもアメリカ生産にこだわり、パックTも当然「MADE IN USA」。ベルバシーンのパックTはポケT(胸元ポケット付)が人気。

ベルバシーン

程よい厚みとオールド感漂う雰囲気があり、アメリカらしさを感じさせるベルバシーンの無地Tシャツ。チューブ編みを採用しているのでボディーの脇に縫い目がないのがポイント。パックTの中では少々値段は高いが、「質」を求めるのならベルバシーンが一歩優勢。

>>Velva Sheen(ベルバシーン)2枚組ポケット付クルーネックTシャツ

老舗で根強い人気のFRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)

フルーツオブザルームパック

160年以上の長い歴史を持つFruits Of The Loom(フルーツ・オブ・ザ・ルーム)。アメリカのショップへ行くと、だいたいヘインズの隣にフルーツ・オブ・ザ・ルームがストックされている。それもそのはず、本国アメリカでは両者2大Tシャツメーカーと呼ばれているほどの定番ブランド。昔のバンドTのタグでもよく見かける、フルーツ・オブ・ザ・ルーム。

フルーツオブザルーム

フルーツ・オブ・ザ・ルームは独特のドライな質感と、着れば着るほど肌に馴染むのが特徴。生地がしっかりしているので、かなり丈夫。値段もお手頃なので、上記ヘインズと着比べてみると自分の好みがわかるはず。

Fruits Of The Loom(フルーツ・オブ・ザ・ルーム)3枚組クルーネックTシャツ

自分に合った一枚を

基本的にTシャツは毎日着るもの。その中でもパックTは、ファッションの定番アイテムの1つ。真剣にパックT選びは吟味しましょう。
きっと自分に合った一枚に出会うと、値段以上の喜びがあり、愛着が湧くはず。

大切なのは、どんなアイテムでも自分なりのこだわりを持つこと。

 - FASHION