Beatandone

メンズヘアに人気のポマード(グリース)おすすめ商品と使用方法を解説

   

モノクロポマードスタイル

photo credit: Boy via photopin (license)

男性にとって、スタイルを持つということは自らを表現することと解釈できます。

昨今、メンズヘアーの主流となった「トラッドヘアー」。ツーブロックや刈り上げ。ツヤ髪(ウェット感)。キレイに整えられた7:3スタイルは男性らしく、クールできちっとした印象を与えます。これらは全て、アメリカのトラッドスタイル(トラディショナル・スタイル)を象徴するスタイルとして確立しています。現在では、ファッションを含めてヘアースタイルもさまざまなアレンジが加えられています。

そこで今回は、このようなトラッドヘアーに欠かせないアイテムである「ポマード(グリース)」についてまとめてみました。そもそもポマードとは何か?スタイリングの方法やおすすめのポマード整髪剤までご紹介します。

毎朝のスタイリング選びの参考になればと思います。また、興味のある方はこれを機会に試してみてください。

スポンサーリンク

ポマードとは

ポマード(pomade)は、主に油性の整髪料のことを指します。成分によって、ポマードは大きく2つの種類に分類されています。熱に弱く、湿気に強い油性。もうひとつは、熱に強く、湿気に弱い水性 (グリース)。油性と水性。ポマードには、それぞれ反対の性質を持っているのが特徴です。

水性のポマードは「グリース(Grease)」とも呼ばれています。最近では、グリースのほうがスタイリングしやすく、シャワーで簡単に洗い流せることから人気があります。

ポマード(グリース)の使用方法

ポマード(グリース)は用途によって、さまざまな使い方があります。一見、ポマードは扱いにくそうなイメージがありますが、それは誤解です。使ってみると意外に簡単で、毎朝のスタイリングは非常に楽に仕上がります。ワックスにはないツヤ感を出したい時などは、ポマードが非常に効果的です。ここでは、一般的なポマードの使い方を順を追って説明します。

  1. まず、ポマード(グリース)を指先ですくって(量としては通常のワックス2〜3倍)、指の間にもしっかりと行き届くように手のひら全体に付けます。揉み込むことにより摩擦でさらに伸びます。
  2. 根元付近からしっかりポマードを付けて、髪全体に馴染ませます。この際、左右に手を振りながら付けると効果的です。
  3. 髪全体にポマードが行き届いたら、根元から髪を立たせます。そして、コーム(別名:くし)を使って髪に馴染ませながら整えます。
  4. 理想のスタイルができたら完成。

おすすめのポマード(グリース)整髪剤

Cool grease G (クール グリースG)

クールグリース

程よいウェット感とツヤに加え、スタイリングのしやすさに定評がある大人気の「Cool grease G (クール グリースG)」。ジェルとは違って固まらず、濡れ髪スタイルを演出してくれる強い味方です。また、使い勝手が非常に良く、水性なので簡単に水で洗い落としができることから多くのユーザーを虜にしています。セット力をさらに維持したいときは、ワックスと一緒に付けると良い感じに仕上がります。おしゃれなツヤ感を演出するのにふさわしいマストアイテムです。

>>阪本高生堂 クールグリース G 210g

COOK GREASE (クック グリース)

クックグリース

鶏冠のマークでおなじみの「COOK GREASE (クック グリース)」。最高レベルのホールド力を求める方はこちらがおすすめです。とにかく整髪力が強いので、一日中しっかりキープできるのが特徴です。さらに、オイルを加えることでナチュラルなスタイルにも対応できます。これだけのホールド力があるにもかかわらず、水性なので簡単に洗い流せるところが非常に便利で重宝します。

>>阪本高生堂 クックグリース XXX 210g パインアップルの香り

Hair Grease (ヘア グリース)

ヘアグリース

ツヤ感のあるスタイルをキープできることで評判の「Hair Grease (ヘア グリース)」。カッチリとは固めずに、あくまで自然体でキリッとしたイメージに仕上げることができる理想的なグリースです。特にクセもなく、適度なホールド力を維持できるのが特徴です。値段もリーズナブルで使い勝手の良さからついついリピートしたくなります。

>>YANAGIYA ヘアグリース <エクストラハード> 90g<エクストラハード> 90g

BYRD (バード)

バード

サーファー御用達のポマード(グリース)といえば「BYRD (バード)」。カリフォルニア州ニューポート出身のプロサーファーであるチェイス・ウィルソンがプロデュースしたBYRD(バード)は、ウォーターベースの柔らかなつけ心地でスタイリングをしっかりキープ。アレンジしやすく、理想のスタイルに仕上げてくれる本場アメリカ生まれの優れモノ。パッケージもストリートの雰囲気があっておしゃれ。

>>BYRD マットポマード 28g

Baxter (バクスター)

バクスター

カリフォルニア生まれの人気メンズグルーミングブランドとして有名な「Baxter (バクスター)」。しっかりとしたホールド力に加え、ツヤのある上品なスタイルを実現。ほんのりミントの香りが心地よく、天然成分配合という点も見逃せません。髪に良く、おしゃれなポマード(グリース)として日本でも人気があります。パッケージが洗練されていてかっこいいです。

>>バクスター オブ カリフォルニア ハードウォーターポマード 60g

ACE COMB (エース コーム)

エースコーム

アメリカンカルチャーの象徴であるエルビス・プレスリーやジェームズ・ディーンが愛用していたことで知られているコーム「ACE(エース)」。古き良きアメリカの伝統を継承しつつ、毎朝のスタイリングには欠かせないアイテム。こういった小物にも手を抜かず、こだわりを持ちたいです。

>>Ace Finetooth Pocket Comb by Ace [並行輸入品]

 

 - FASHION