Beatandone

ロッキーマウンテン定番ダウンベストは伝統を守る納得のアイテム

   

ロッキーマウンテンのダウンベスト毎年の秋冬アイテムの定番ブランドとして名高い「ロッキーマウンテン フェザーベッド (Rocky Mountain Featherbed)」のダウンベスト。レザーとナイロンの切り替えが特徴の洗練されたデザイン性のあるダウンベストは、男女問わず常に人気があるアイテムです。

今回は、実際に購入したロッキーマウンテンフェザーべッドのダウンベストを紹介します。特徴やサイズ感をわかりやすく解説していますので、購入を考えている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ロッキーマウンテン フェザーベッド (Rocky Mountain Featherbed)とは

ロッキーマウンテンとは

1960年代後半、アメリカ・ワイオミング州ジャクソンにて設立されたウェアブランド。

元々カウボーイ向けの防寒具として知られており、継ぎ目のない一枚皮を使用したダウンベストを開発して人気を集める。1970年代には、ハイテク素材のゴアテックス(GORE TEX®)をいち早く取り入れ、マウンテンパーカを製作。

1980年代後半に、ブランドは一時消滅する。その後、2005年に復活を果たす。

レザーとナイロンのコンビネーションデザインで人気のダウンベストは、その確かな技術と機能性から現在人気を不動のものとしています。

ロッキーマウンテン・ダウンベストの特徴とサイズ感

ダウンベスト全体

今回購入したのは、ロッキーマウンテンフェザーベッドの代表作であるクリスティベスト (CHRISTY VEST)。カラーはブラック。

特徴

ロッキーマウンテンの代表アイテムであるダウンベスト。その大きな特徴は、なんと言ってもヨーク部分のレザーとナイロンの切り替えデザインです。このコンビネーションをすることにより、ダウンジャケットにありがちなカジュアルになり過ぎず、上品なまとまりのあるダウンベストの雰囲気を醸し出します。

さらに、切り替え部分にはウエスタン調のカーブがあり、ブランドの持つイデオロギーが深く反映されているデザインに仕上がっています。生産は日本で行なっているので確かな技術で安心できます。

ロッキーマウンテンの切り替え部分

機能面では、撥水加工を施したヨーロッパ産ホワイトダックハウスを使用。これにより、水濡れによる保温性の低下を防ぐことができます。デザイン性だけではなく、抜群の保温性なので非常に暖かいです。ダウン90%、フェザー10%。

内側には使い勝手を考慮したポケットを配置しているので申し分ありません。こういったシンプルかつ上品で機能性のあるダウンベストを求めていました。

サイズ感

ロッキーマウンテンのダウンベストは、アメリカおよびイギリスのサイズ表記になります。日本のS,M,L,,,というサイズ表記では無く、36,38,40,,,と数字での表記です。少し紛らわしいので、日本のサイズと比較してみました。

36=Sサイズ 38=Mサイズ 40=Lサイズ

僕は普段Lサイズを着用しているので、サイズ40を購入しました。

ロッキーマウンテンのサイズ感

ワンサイズ小さいサイズ38も試着しましたが、着丈や肩幅が少しキツかったです。冬場には厚手のパーカーやフリースなどと合わせたいので気持ちゆったり目がベストです。

決して安くはないアイテムなので、購入前には必ず試着やサイズ確認することをおすすめします。

カラバリ豊富でコーデしやすい高品質ダウンベスト

ロッキーマウンテンとデニム

ロッキーマウンテンのダウンベストは毎年秋冬の定番アイテムと云われていることだけあって納得の安心感があります。抜群の機能性と着心地の良さ。さらには、ダウンベストが上品に見えるデザインが素敵です。

>>(ロッキーマウンテンフェザーベッド)RockyMountainFeatherbed CHRISTY VEST/NYLON

最近では安価にダウンベストを手に入れることができる時代ですが、こだわりを感じさせてくれる一品も大切にしたいです。ロッキーマウンテンは、自身の好みやスタイルに合わせたカラーバリエーションが豊富にあるので、是非一度試してみてください。着用して気分が上がるアイテムであることは間違いありません。

 - FASHION