Beatandone

究極のシンプルを追求した「ローシワン」の魅力について迫る

      2016/10/25

ローシワンスエード

ナイキが誇る世界的ロングセラーの人気スニーカーモデル「ローシワン(ROSHE ONE)」。シンプルで洗練されたデザインと最新のテクノロジーを駆使した履き心地の良さで、現在はさまざまなバリエーションを新たに加えて幅広く展開しています。

今回は、ローシワンについてまとめてみました。履きやすさとデザインを重視したスニーカー選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ローシワン(ROSHE ONE)とは

ローシワンサイド

ナイキスポーツウェアから発売されているスニーカー「ローシワン (ROSHE ONE)」。デザイナーはディラン・ラーシュが担当。ローシワンは構想から発売までに約4年以上を費やしたといわれています。

「禅」や「瞑想」からインスパイアされたローシワンは、余分な装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインが特徴です。さらに、クッション性のある抜群の履き心地で高い評判を得ており、現在ではナイキを代表する人気スニーカーとして君臨しています。

ローシワン(ROSHE ONE)の特徴・履き心地

ローシワン全体

ローシワン スエード

ローシワンの特徴

デザインは見た目通り、モダンですっきりした印象を与えます。ソールは低反発で快適性に優れるソーラーソフトライナーを採用しているので、履いていても疲れにくい構造になっています。横幅は若干狭めて、さらにシャープなシルエットに仕上がっています。

履き心地とサイズ感

実際に履いてみて感じたことは、とにかく軽くて履きやすいということです。程よいクッション性と包み込むような履き心地は1日中履いていても疲れません。あまりに軽すぎるため、履いている感覚が無くなるくらい自然と足にフィットするのがローシワンの魅力です。

ローシワンフロント

またサイズ感に関しては、他のナイキ製品のスニーカー同様に小さめの作りをしています。ですので、通常よりも0.5〜1.0cmくらい大きめのサイズを選んだほうがよりフィットしやすいです。

さまざまなモデルがある”ローシ(ROSHE)”

ローシワンアッパー

ローシワンの他に、現在ではさまざまな種類の”ローシ”モデルが登場しています。例えば、ナイキの人気モデルであるフライニットやコルテッツ、LD-1000を中心にローシの機能性を搭載したモデルが次々とリリースされています。素材に関しては、フリース、スエード、メッシュなどを展開。さらに、自分好みで選べるNIKEiDでカスタマイズが可能です。

>>ナイキオンラインストア

デザインの美しさだけではなく、抜群の履きやすさを併せ持つナイキの人気モデルである”ローシ”にさらなる期待が高まります。

 - FASHION