Beatandone

コンバースのタイムライン「ジャックパーセル80」について思うこと

   

ジャックパーセルタイムラインあらゆる年代から支持されているスニーカーの代名詞である”コンバース(CONVERSE)”。その代表的なモデルとして君臨する”ジャックパーセル(Jack Purcell)”。

今回は、コンバースの新たなプロジェクトのひとつであるアーカイブモデルを忠実に再現したタイムライン(TimeLine)。その中から、生誕80周年を迎えたジャックパーセルを記念して発売された「ジャックパーセル80(Jack Purcell 80)」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

コンバースのタイムライン(TimeLine)とは

タイムラインタグ

コンバースの新しいプロダクトレーベル「タイムライン (TimeLine)」。歴代のオリジナルモデルを忠実に再現した製品作りで、細部まで徹底的にこだわっているのが特徴な新たなラインのひとつです。

タイムライン(TimeLine)シリーズでは、単純な復刻をするだけではなく、現在のスタイルに合ったディテールを修正し、履き心地の良さも重点に置いています。

ジャックパーセル80 (Jack Purcell 80)の特徴

ジャックパーセル80

現行モデルとの違い

現行のジャックパーセルとの違いはいくつかあります。まず、インソールに優れたクッション性が持ち味のオーソライトを採用していること。さらに、ジャックパーセルの特徴であるトゥ部分のスマイルの形状やテープ幅を1980年代のオリジナルにより近いモデルに再現しています。これだけでも、現行モデルと今回の”ジャックパーセル80”との違いがはっきりわかります。

カートンボックス

オリジナルのカートンボックス付き

また、ジャックパーセル80は専用のオリジナルカートンボックスに入っています。こういった細かいところまで徹底的にこだわった姿勢を強く感じることができるのもタイムラインの魅力のひとつです。(箱だけでもカッコイイです。)

そして最も重要な穿き心地ですが、現行モデルよりもクッション性があり、非常に快適です。程よい重力感もあるので、存在感が増すこと間違いないです。

カートコバーン好きには”なおさら欲しい”

ジャックパーセル80トゥ部分

今回発売されたコンバースのジャックパーセル80は、1980年代のジャックパーセルを忠実に再現し、新たにリバイバルした完璧なフォルムです。

1980年代のジャックパーセルといえば、伝説のロックスターであるニルヴァーナのカート・コバーンが生前に着用していたことで知られています。正確にいえば、1980年代後半から1990年代前半です。まさに、今回発売されたジャックパーセル80はちょうどその時期と重なることになります。カート・コバーンが好きな方は、”なおさら欲しくなるスニーカー”ですね。

今後も、コンバースのタイムライン(Time Line)シリーズから目が離せません。こだわったモノが大好きな僕としても期待しています。

 

 - FASHION