Beatandone

いま着るべき人気の「白いTシャツ」10ブランドはこれだ

   

白tシャツおすすめ特集流行に左右されない究極のベーシックスタイルの定番「白いTシャツ」。シンプルな白Tシャツは、一年を通してずっと使えるアイテム。単なる肌着としてではなく、おしゃれなファッションアイテムとして常に注目され続けています。

そこで今回は、人気の白Tシャツ選びのポイントからおすすめのブランドまで紹介します。

スポンサーリンク

”白いTシャツ”選びのポイント

白Tシャツ選びのポイント

1. 素材をチェックする

基本的には100%コットン素材のものが多いですが、中にはポリエステルとの混紡があります。特徴としてコットン100%のTシャツは吸水性に優れていて、肌触りが良いです。また、ポリエステルとの混紡は速乾性に優れていて、シワになりにくいのが大きなポイントとして挙げられます。

2. 自分だけのこだわりを見つける

一見どれも同じに見える「白Tシャツ」。そのシンプルなイメージとは逆に、ブランドごとにディテールの差があります。素材はもちろんのこと、シルエットやサイズ感、さらにはステッチ(縫い目)など細かな部分にブランドのこだわりがしっかりと詰まっています。どれが正解で、どれが間違っているという線引きはそこには存在しません。自分が気に入った白Tシャツが「正解」です。

3. 究極の一枚を探す旅

少々大げさに聞こえるかもしれませんが、白Tシャツ選びは「究極の一枚を探す旅」でもあります。はじめから自分に合った白Tシャツを見つけるのは、至難の業です。まったく同じ体型が存在しないように、種類や好みもさまざまです。とりわけ数あるファッションアイテムの中でも、白Tシャツは定番のベーシックアイテムです。これを見つけたら、自分のファッションの「格」が間違いなく上がったことになります。奥が深いです。

おすすめの「白いTシャツ」ブランド

これから紹介する白Tシャツは、こだわりを感じさせる人気ブランドばかりを集めています。多くのブランドが毎年必ず発売している白Tシャツ。おすすめの10ブランドを選んでみました。

1. Champion (チャンピオン)

チャンピオン白Tシャツ

カレッジスタイルの定番ブランド「Champion (チャンピオン)」。スウェットシャツを世界中に広めた誰もが知っているチャンピオンは、長きに渡って愛され続けている名作”T1011″シリーズのTシャツが人気。現在でも受け継いでいるアメリカ生産(MADE IN USA)は、クラフトマンシップを強く感じる一枚。

>>(チャンピオン) champion Tシャツ T1011

2. Hanes (ヘインズ)

ヘインズ白Tシャツ

1901年に創業したアメリカを代表する肌着ブランド「Hanes (ヘインズ)」。思わず親しみを感じてしまう着心地の良さと手にとりやすいリーズナブルな価格は未だ変わらず。現代のファッションシーンにおいて、ヘインズの白いパックTシャツはあまりにも有名な永遠の定番アイテムです。日本人の体型に合わせたジャパンフィットが新たに仲間入り。白と黒の2色展開。

>>(ヘインズ)HANES ジャパンフィット クルーネックTシャツ(2枚組)

3. Healthknit (ヘルスニット)

ヘルスニット白

1900年代にアメリカ・テネシー州でスタートした「 Healthknit (ヘルスニット)」。元々3つボタンが特徴のヘンリーネックで有名なブランド。ヘルスニットはアメリカ南部の良質な生地を使用し、その着心地の良さはお墨付き。脇に縫い目のない丸胴ボディがアメリカらしさを感じさせます。色は白だけではなく、豊富なカラーバリエーションから選べます。

>>(ヘルスニット)HEALTHKNIT 2P-Pac V-Neck S/S Tシャツ

4. POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフローレン)

ポロラルフローレン白Tシャツ

アメリカのトラッドスタイル定番ブランド「POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフローレン)」。柔らかなコットン素材を使用したラルフローレンの白いTシャツは、裾にポニーマークをさりげなく配置。程よい厚みと肌触りの良さが特徴で、一枚でさらっと着るのに最適。現在でも脈々と受け継がれているアメリカンスタイルの代名詞。ブランドの底力を感じます。

>>(ポロラルフローレン)POLO RALPH LAUREN 3枚セット コットン クルーネック Tシャツ

5. N.HOLLYWOOD (エヌハリウッド)

エヌハリウッド白Tシャツ

古着屋のバイヤーであった尾花大輔が2002年にブランドをスタートさせた「N.HOLLYWOOD (エヌハリウッド)」。古着のディテールを現代的に落とし込み、シルエットと着心地の良さで定評があるエヌハリ定番の白いTシャツ。首元のバインダーを細くして、よりスタイリッシュな印象に。豊富なサイズ展開もありがたいです。

>>(エヌハリウッド)N.HOOLYWOOD 41 pieces

6. JAMES PERSE (ジェームス パース)

ジェームスパース白Tシャツ

上質なベーシックアイテムが揃うLA発の人気カジュアルブランド「JAMES PERSE (ジェームス パース)」。絶妙なサイズ感と肌触りの良さが魅力のジェームスパースのTシャツは、クセになるほど素晴らしい作りをしています。カリフォルニアの気候から生まれた抜群の着心地は、マイベストな一枚になるはず。

>>(ジェームスパース) JAMES PERSEコットン半袖VネックTシャツ

7. RED KAP (レッドキャップ)

レッドキャップ白Tシャツ

アメリカが誇るワークウェアブランド「RED KAP (レッドキャップ)」。ヘビーウエイトでおなじみのレッドキャップの白Tシャツは、とにかく生地が丈夫で型崩れがしにくいのが特徴です。アメリカブランドらしい丸胴ボディに加え、首元はチクチクしないタグレス仕様。無骨な白Tシャツを欲しい人に人気があるブランドです。

>>(レッドキャップ) RED KAP 2パックTシャツ

8. MR.GENTLEMAN (ミスター・ジェントルマン)

ミスタージェントルマン白Tシャツ

日常のベーシックスタイルをテーマにブランドを開始した「MR.GENTLEMAN (ミスター・ジェントルマン)」。首元にはゆったり感を持たせ、胸元にポケットをスマートに配置。シンプルな白いTシャツをここまで都会的にデザインするミスタージェントルマンのブランド力を感じます。非常に着やすいです。

>>MR.GENTLEMAN(ミスター・ジェントルマン) SOUVENIR TEE Tシャツ

9. Velva Sheen (ベルバシーン)

ベルバシーン白Tシャツ

1932年にアメリカ・オハイオ州で創業した「Velva Sheen (ベルバシーン)」。スウェットシャツやTシャツを中心に質の高いアイテムが揃うベルバシーンの魅力は、アメリカ古着を感じさせる独特のヴィンテージ感。日本人の体型に合ったサイズ感で、さらに着やすくなっています。現在でもアメリカ生産(MADE IN USA)にこだわりを持っている稀有なブランドです。ベルバシーンの白いTシャツならポケットTeeがおすすめ。

>>(ベルバシーン) Velva Sheen クルーネックポケットTシャツ

10. CAMBER (キャンバー)

キャンバー白Tシャツ

アメリカの生地工場としてブランドをスタートさせた「CAMBER (キャンバー)」。分厚い肉厚のマックスウェイトTシャツがブランドを象徴する人気アイテムとして注目を集め、以後アメリカ生産を維持しつづけている希少な存在として君臨しています。生地が丈夫な上に、耐久性のある縫製技術には定評があります。着心地の良さも上出来。

>>(キャンバー) CAMBER マックスウェイト ポケットTシャツ MADE IN USA

 - FASHION