FASHION

Nike×Fear of God「Air Skylon 2」を購入して感じた新たな幕開け

フィアオブゴット×ナイキスニーカー
フィアオブゴット×ナイキスニーカー

90年代にNIKEが誇るランニングシューズとして人気を集めた「Air Skylon II」の”Fear of God” (フィア オブ ゴッド)モデル。デザイナーであるジェリーロレンゾがナイキとタッグを組んで完成した待望のコラボスニーカーです。

今回、こちらのスニーカーを購入したので紹介します。デザインの特徴・履き心地・サイズ感など、是非参考にしてみてください。

[adsense]

Nike Air Skylon2 × Fear of God (フィア オブ ゴッド) とは

フィアオブゴットとは
Fear of Godの文字

現代におけるストリートブランドのカリスマ的存在であるJerry Lorenzo (ジェリー・ロレンゾ)が手がけるFEAR OF GOD (フィア オブ ゴッド)。ストリート、ロック、モード、スポーツをラグジュアリーへと昇華させた新たな服作りはファッショニスタを中心に注目を浴びている人気ブランドです。

ナイキのスニーカー箱
特別仕様のカラーボックスに入っています

今回ご紹介するスニーカーは、FEAR OF GOD×NIKEがコラボレーションした「Air Skylon 2 (エア スカイロン2)」。このAir Skylon (エア スカイロン)というモデルは90年代にオリジナルバージョンが発売されています。元々はランニングシューズとして世に送り出されたモデルで、今回のコラボ企画ではフィア オブ ゴッドのデザイナーであるジェリーロレンゾが現代的にアレンジを加えるカタチで実現した夢のコラボモデル。カラーはブラック・ホワイトの2色展開となります。

Nike Air Skylon2 × Fear of God (フィア オブ ゴッド) の特徴・履き心地・サイズ感

ナイキスカイロン2
アッパーのサイド部分に”Fear of God”と配置

今回購入したモデルは、「NIKE Air Skylon2 × FEAR OF GOD」。カラーはブラックを選びました。

商品をはじめて見て触れた率直な感想は、”高級感のあるスニーカー”だと感じました。それもそのはず、アッパーにはメッシュとスエード素材が採用されている点。ミッドソールにはアイボリーのような淡く黄色がかったやや灰色のカラーリングが見た目の印象を引き立てています。

スカイロン2の詳細

さらにシュータンにはパフォレーションを施し、シューレース部分は斬新なトグル式にすることで遊び心をプラス。デザインが好みで購入しましたが、ここまでこだわりを感じさせるディテールになっているとは思いませんでした。まさに、ジェリーロレンゾのエッセンスが見事に反映されている格の違いを見せつけるデザインに仕上がっています。話によると、デザイナー自らがアメリカにあるナイキ本社に何度も足を運んでアーカイブの研究をしたようです。雰囲気があって素晴らしいスニーカーです。

履き心地に関しては、足を包み込んでボリューム感があります。もともとランニングシューズのモデルなので履き込むごとに馴染んでくる印象があります。ソールにはクッション性と通気性をプラスしているので抜群の履き心地です。紐を結ぶのではなく、トグルでまとめて調整する仕様も機能的。

スカイロン2の着用画像

肝心のサイズ感は、ハーフ~ワンサイズ小さめの作りをしています。横幅も少し狭めな印象です。ですので、普段履いているナイキのサイズよりもハーフ~ワンサイズ大きめを購入した方が良いかもしれません。もちろんサイズ感には個人の誤差があるので実際に試着した方が確実です。

新たな幕開けを感じさせるスニーカー「Air Skylon 2」

fear of god ×nikeスニーカー

世に溢れ出ているコラボスニーカーの中でも、格の違いを見せつけてくれた今回のAir skylon2 (エア スカイロン2)。時代の寵児であるジェリーロレンゾのスタイルがデザインに上手く凝縮されていて、普段のコーディネートにも溶け込みやすいスニーカーです。ナイキはこれまで数々のコラボスニーカーを発表してきましたが、他ブランドのデザイナーがここまでデザインに参加しているカタチは非常に珍しく新たな可能性を感じています。

FEAR OF GOD × NIKE AIR SKYLON 2 “ Black ”(フィア オブ ゴッド × ナイキ エア スカイロン 2 “ ブラック ” )

今回ご紹介したモデルAir Skylon 2(エア スカイロン2)だけではなく、NIKE×FEAR OF GODとのコラボモデルは今後も展開してゆく模様です。どのようなモデルが発売されるのか、今からとても楽しみです。