FASHION

【マイスタンダード】ヘインズビーフィーTシャツがコスパ最強である証し

ヘインズビーフィーTシャツ

タフで丈夫な作りが定評のヘインズから発売されている人気Tシャツ「BEEFY-T (ビーフィーT)」。肌触りの良いコットン生地を使用し、ベーシックな定番アイテムとして年代問わず愛用者が多いことで知られています。

今回は、ヘインズのビーフィーTシャツを紹介します。

BEEFY-T (ビーフィーT)とは

beefyロゴ

アメリカ生まれの肌着ブランド”Hanes (ヘインズ)”から発売されている人気アイテム「BEEFY-T®︎(ビーフィーT)」。

1975年に誕生したビーフィーTシャツは、そのタフで丈夫なTシャツとして現在では不動の地位を確立。クラシックなシルエットとストリートの要素を踏まえたデザインで、定番アイテムとして認知されているヘインズの人気シリーズ。

BEEFY-Tの特徴・着心地・サイズ感

ビーフィーTシャツ

これまで何枚も購入した記憶があるヘインズのビーフィーTシャツ。以前からヘインズのアイテムは普段のファッションでよく愛用しているので、もはや生活の一部と化しているヘビーユーザーです。

今回は改めて、ヘインズのビーフィーTシャツを紹介します。

ビーフィー黒Tシャツ

ビーフィーTシャツの特徴は、やはり何といっても生地が丈夫であること。パッケージのデザインでもわかるように、牛のように頑丈な作りをしています。初めて購入して着た時は、このヘビーウェイト(肉厚)生地が苦手で抵抗を感じていましたが、洗濯をするごとに馴染む自分に合ったしっくり感がたまらなく好きです。

 

素材はコットン100%の生地を使用しているので、肌馴染みが非常に良いのが魅力の一つです。普段からTシャツをメインで着ている自分にとって、ヘインズはとにかく安定感があります。

beefy各ディテール

肝心のシルエットは、至ってオーソドックスなクラシックデザイン。ボックスシルエットと呼ばれるアメリカらしいゆったりとしたサイズ感です。ワンサイズ毎に着丈や胴回りに差が出るので、その時の気分に合わせてサイズ選びをすれば良いかと思います。

あと、見逃してはいけないのが熱転写のタグレス仕様という点。背中部分によく付いているブランドタグがチクチクして気になる経験があるかと思います。

ビーフィーTシャツはタグレス仕様なので余計なストレスを無くしてくれます。頻繁にTシャツを着ている自分にとっては大切な要素です。

洗濯後の縮みについて

beefyポケット部分

そしてさらに肝心な点は、洗濯後の縮みについて。一日着用し、洗濯機で水洗いをして屋外で自然乾燥。その結果、やはり縮みが発生しました。

以下が測定結果です。サイズはXL。

肩幅53cm→51cm (-2cm)

そで丈24cm→23cm (-1cm)

身幅57cm→55cm (-2cm)

着丈72cm→70.5cm (-1.5cm)

 

おおよそ約2cmくらいは縮みます。この点を考慮してサイズ選びをした方が良いかと思います。

ベーシックかつ気楽さが何よりの魅力であるBEEFY-T

beefy着用画像

高価なTシャツは気を遣いながら着用しますが、ヘインズのビーフィーTシャツは逆にガンガン気にせずに愛用しています。そういった気楽さが1日の始まりにさっと手にとって自然と着れるのがビーフィーです。値段もお手頃なので、普段のスタイルには持ってこいの定番アイテムです。ちなみに今回はポケット付きを購入しました。カラーはブラックです。

 

[ヘインズ] ビーフィー ポケット付き Tシャツ

 

この気軽さがやみつきになりますね。やっぱり良いですね、ヘインズのビーフィーTシャツ。