FASHION

【NIKE SB】BLAZER (ブレーザー) LOW GT 履き心地やサイズ感についての購入レビュー

nikesbblazergt

「NIKE」のスケートライン”SB”から発売しているZOOM BLAZER LOW GT。

ナイキの定番スニーカーであるBLAZER (ブレーザー)モデルにテクノロジーとストリート感を兼ね備えた今回のモデル。

実際に購入したNIKE/SB「BLAZER  LOW GT」のスニーカーを紹介します。

NIKE SB Blazerとは

ナイキsbブレーザーロー

「SB」とは”Skatebording” (スケートボードライン)のことを指します。ストリート感のあるテイストで履き心地が良く、スケーターに向けて開発された機能的でクッション性のあるスニーカーを多く展開しています。

ナイキブレーザーブラック

今回紹介するブレーザーというと、1972年にナイキから誕生した名作モデル。元々はバスケットシューズとして世に送り出し、現在ではクラシックな雰囲気のあるデザインが人気で、幅広い層から支持されています。

モデル名:NIKE SB ZOOM BLAZER LOW GT 

カラー: BLACK / SAIL

※ちなみにモデル名にある「GT」とは、プロスケーターのグランドテイラーの頭文字でありシグネチャーモデルという意味です。

NIKE SB ZOOM BLAZER LOW GTの特徴・履き心地

ナイキブレーザー着用画像サイド

ズームブレザーの特徴と通常モデルとの違いとは?

現代的な要素と伝統的なスタイルを継承しているナイキが誇る不朽の名作モデル「BLAZER (ブレーザー)」。

通常のブレーザーは何度か履いた経験があるので、今回はZoom Air (ズームエアー)搭載とスタイリッシュなブラックカラーの雰囲気に惹かれてSBモデルを購入しました。

いつものブレーザーとの大きな違いは、Zoom Airを使用しているところ。

Zoom Airとは、高反発なクッショニングシステムを採用し、着用時の衝撃を緩和してくれるという優れもの。ブレーザーのようなローテクスニーカーは疲れやすいモデルが多い中、こういった問題を解決してくれて助かります。

nikesbblazerlowかかと部分

履き心地について

ブレーザーは、デザインがすごくシンプルで好きなので、よく街歩き用に履いていました。ただ、通常のブレーザーモデルは長い時間歩いていると足に負担がかかり、疲れやすかったのが難点でした。

今回購入したSBモデルのブレーザーは、デザインはもとより、履きやすさにも重視しているのが肌感覚でわかります。とにかく、ズームエアーのクッション性が非常に快適で、より足に馴染みやすくなった印象です。

ナイキブレーザーズームエア

サイズ感

コレはほとんどのモデルに共通するのですが、ナイキのスニーカーは他のブランドと比べてやや小さめの作りをしています。

nikesbブレザー

今回のブレーザーも横幅が通常よりも細身なシルエットに仕上がっています。さらに、付属の靴紐が短めです。穴に全て通すと結べなくなるくらい短いので、このモデルは少し手前で結ぶことにしました。

ことサイズに関しては、個人の好みがあるので、実際に試着して購入したほうが良さそうです。

変わらずシンプルなデザインが魅力のブレーザー

ナイキブレザー着用画像

このSBシリーズのブレーザーは表面(アッパー)がスエード生地なので、履き込むごとに擦れた感じがさらに雰囲気が増しそうです。これからガンガン履き込んでみようと思います。シンプルに”スウッシュ”を配置した飾らないデザインが魅力のブレーザー。永く愛用しそうです。

[ナイキ] ブレザー ロー スニーカー SB BLAZER LOW GT ブラック 黒 704939-001 [並行輸入品]