Beatandone

90年代の裏原ファッションを支えた人気ブランド10選

   

アベイシングエイプ店舗
photo credit: naoyafujii BAPE Shibuya via photopin (license)

1990年代初頭から東京・原宿エリアを中心に店舗を構え、爆発的人気があった「裏原ブランド」。今でこそ浸透しているコラボレーションはこの頃誕生し、希少性の高い裏原ブランドのアイテムは当時プレ値で取引されていました。新作発売時には長い行列ができ、社会現象になるまで話題に。

今回は、90年代の裏原ブランドの中でも特に人気があったブランドを紹介します。中にはエリアの異なるブランドも含まれていますが、ファッションの勉強にぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

裏原ファッション人気ブランド10選

1. A BATHING APE (ア ベイシング エイプ)

アベイシングエイプ腕時計

1993年に創業者であるNIGO氏が立ち上げたファッションブランド「A BATHING APE (ア ベイシング エイプ)」。同年にアンダーカバーの高橋盾氏と共にオープンした原宿のショップ「NOWHERE」にてオリジナルアイテムを展開し、若者を中心に爆発的な人気を得る。アメリカでは世界的有名ラッパーがこぞって着用するほど認知度を拡大。日本から世界に発信した裏原ブランドの代表です。当時ブランドを象徴する迷彩模様のカモ柄はプレ値が付くほど希少性が高いアイテムでした。

>>A BATHING APE ア ベイシング エイプ 25TH ANNIVERSARY EXCLUSIVE MODEL ×G-SHOCK

2. NEIGHBORHOOD (ネイバーフッド)

ネイバーフッドブルゾン

1994年、デザイナーである滝沢伸介氏が東京・原宿でスタートさせたブランド「NEIGHBORHOOD (ネイバーフッド)」。モーターサイクルやミリタリーなどの要素を取り入れた服作りを展開。さらに他業種とのコラボレーション企画や海外に店舗を構えるなど、東京というフィールドを超えて活躍する人気ブランドです。無骨で質にこだわったアイテムに定評があります。特にミリタリーを現代的にアプローチしたブルゾン(アウター)類はブランドの代表的アイテムです。

>>[ネイバーフッド] NEIGHBORHOOD ATR M-65 / C-JKT

3. SUPREME (シュプリーム)

シュプリームニット帽

1994年にアメリカ・ニューヨーク州で立ち上げたファッションブランド「Supreme (シュプリーム)」。創業者はジェームズ・ジョビア氏。スケーターカルチャの躍進を支え、世界的にも認知度が高いブランドです。裏原エリアに店舗を構え、当時から新作発売時にはたくさんの行列ができるほど社会現象に。ブランド設立から25年以上経過してもなお人気が衰える気配すら感じさせない稀有な存在です。おなじみのボックスロゴを配置したアイテムは90年代から人気がありました。

>>Supreme x New Era Box Logo Beanie シュプリーム ニューエラ ボックスロゴ ビーニー

4. GOOD ENOUGH (グッドイナフ)

グッドイナフTシャツ

90年代に藤原ヒロシ氏やスケートシング (SKATE THING)氏が中心となって設立したストリートブランド「GOOD ENOUGH (グッドイナフ)」。これまでデザイナー名を明かさずに活動を続けてきましたが、藤原ヒロシ氏が著書の中で自らが携わっていることを告白。裏原ブランドの中でも絶大な人気を誇り、パーカーやブルゾンは当時から高値で取引されていました。ブランドロゴでもある「g」のマークがシンボルです。

>>GOODENOUGH グッドイナフ サークルgロゴTシャツ

5. UNDERCOVER (アンダーカバー)

アンダーカバーTシャツ

デザイナーであり創業者の高橋盾氏が1990年に設立したファッションブランド「UNDERCOVER (アンダーカバー)」。パンクとモードを融合したストリート感あふれる服作りは当時から人気があり、希少性の高いブランドとして知られていました。その後、パリコレクションでデビューを飾り、現在では日本を代表するブランドにまで上り詰めています。90年代に誕生した「裏原」というカテゴリーを超えて世界で活躍するブランド。現在でも反骨精神のある服作りは魅力があります。

>>UNDERCOVER(アンダーカバー) U Tシャツ WHITE

6. HEAD PORTER (ヘッド ポーター)

ヘッドポーター

1998年にブランドをスタートさせたバッグブランド「HEAD PORTER (ヘッド ポーター)」。藤原ヒロシ氏がプロデュースに携わり、日本のカバンメーカーである”吉田カバン”が製造しています。ブラックをベースにしたバッグが有名で、設立当初から原宿の店舗では長蛇の列ができるほどの人気ぶりは今でも鮮明に覚えています。流行に左右されないベーシックなデザインで今見てもかっこいいですね。

>>ヘッドポーター HEAD PORTER バッグ メンズ ショルダーバッグ

7. NUMBER (N)INE (ナンバーナイン)

ナンバーナインダメージデニム

1996年、デザイナーである宮下貴裕氏が設立したファッションブランド「NUMBER (N)INE (ナンバーナイン)」。主にロックやパンクからインスパイアを受けた服作りは当時から新鮮で独特の世界観を醸し出していました。ブランド立ち上げ当初は表参道に店舗を構え、その後恵比寿へ移転。パリコレブランドまでに成長し、世界的ミュージシャンが着用するほどカリスマ的ブランドです。

>>NUMBER (N) INE DENIM(ナンバーナインデニム) ダメージ加工デニムパンツ

8. WTAPS(ダブルタップス)

ダブルタップス本

創業者でありデザイナーの西山徹(TET)氏によって誕生したストリートブランド「WTAPS (ダブルタップス)」。ミリタリーとストリートの要素を兼ねた服作りを展開。ネイバーフッドの立ち上げにも携わり、ストリートに精通しているTET氏。ブランドを設立して20年以上が経過してもなお一貫したスタイルを確立。その確かなコンセプトで根強いファンが多いことで知られているブランド。TET氏のスタイルや考え方が凝縮した書籍は読む価値あり。

>>MY LIFE IS THIS LIFE 「WTAPS」西山徹をひもとく40のキーワード

9. HYSTERIC GLAMOUR (ヒステリックグラマー)

ヒステリックグラマーニット

北村信彦氏が1984年に立ち上げたファッションブランド「HYSTERIC GLAMOUR (ヒステリックグラマー)」。主に1960~80年代のカルチャーからインスパイアを受けた服作りを展開。色味を加えたポップでアメリカンな雰囲気は当時から人気がありました。またデザインの良さだけではなく、素材や加工にもこだわり独自の世界観を放っているブランドです。

>>(ヒステリックグラマー)HYSTERIC GLAMOUR NORDIC WOMAN HEADジャカード

10. BOUNTY HUNTER (バウンティー ハンター)

バウンティーハンターTシャツ

1995年にHIKARU氏が立ち上げたファッションブランド「BOUNTY HUNTER (バウンティハンター)」。パンクロックをベースとしたアパレルアイテムが人気で、90年代半ばに原宿に店舗を構える。洋服以外にもフィギュアなどのおもちゃを展開し、スケートシングがデザインに参加。また、藤原ヒロシ氏とのコラボレーションも話題に。

>>BOUNTY HUNTER/バウンティーハンター : BxH Storm 3 Tee

 - FASHION