MOVIE

カート・コバーンをより知るための映画5選【伝説のロックスター】

カートコバーンの映画

伝説的ロックバンド”Nirvana”のフロントマンである「カート・コバーン (Kurt Cobain)」。没後25年以上経過してもなお高い人気を誇り、偉大なロックスターとして未だにカリスマ的存在となっています。これまでカート・コバーンを題材にした多くの映画が公開されました。

今回は、カート・コバーンをより詳しく知るための映画5作品を紹介します。ニルヴァーナ好きはもちろん、カート・コバーンという人物に興味がある方は参考にしてみてください。

カート・コバーン (Kurt Cobain)とは

カートコバーンphoto credit: bunnicula Kurt Cobain via photopin (license)

アメリカ・シアトル出身のグランジバンド『ニルヴァーナ (NIRVANA)』のボーカル&リードギター担当のフロントマン。

1991年に発表した2ndアルバム『ネヴァーマインド (Nevermind)』が記録的なセールスを獲得し、世界中から絶大な人気を得る。音楽のみならず、彼が着用するファッションにおいても高い注目を集める。90年代に巻き起こったグランジブームを牽引し、若者を中心にカリスマ的存在となる。私生活では酒やドラッグを断ち切ることができず、入退院を繰り返す日々に。1994年、入院していた病院を抜け出しシアトルの自宅でショットガンで自殺。享年27才。

カート・コバーンを題材にした映画5選

1. COBAIN Montage of Heck (COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック)

モンタージュオブヘック

2015年に公開したカート・コバーンのドキュメントリー映画「COBAIN Montage of Heck (COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック)」。監督はブレット・モーガン。

カート・コバーンの生い立ちから滞在先イタリアでの昏睡状態に陥る事件までを描いた本作。妻であるコートニー・ラブの協力のもと、今まで見たことがなかったカート・コバーンのプライベートな素顔を観ることができます。無邪気な表情のカートを見ていると切なくなったりする場面もあります。イラストやニルヴァーナの楽曲BGMを巧みに使いながらセンスの良さを感じさせる映画です。

カート・コバーンとはどういう人物だったのかを、わかりやすく解説した内容となっています。マニアの方はもちろん、初心者の方にもおすすめです。

この映画はカート・コバーンの娘であるフランシスが製作総指揮として携わっています。

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック [DVD]

2. LAST DAYS (ラストデイズ)

ラストデイズ

孤高のロック・ミュージシャンの最期の2日間を描いた映画「LAST DAYS (ラストデイズ)」。監督はガス・ヴァン・サント。この映画はビジュアルからもわかるように、カート・コバーンから着想を得ています。

成功を収めたロック・ミュージシャンゆえの孤独や苦悩を忠実に描き、カート・コバーンの繊細さがひしひしと伝わってきます。監督であるガス・ヴァン・サントは心の内面を映し出すのは非常に上手く、主人公の孤独感を感じることができす。

物語は単調に進み、BGMはソニックユースのサーストンムーアが担当。映画のディテールにこだわった世界観はもちろん、カート・コバーンをモチーフにした主人公ブレイク演じるマイケル・ピットのおしゃれなファッションも必見。

ラストデイズ [DVD]

3. Soaked in Bleach (ソークト・イン・ブリーチ)

ソークトインブリーチ

カート・コバーンの死の真相について迫ったドキュメンタリー映画「Soaked in Bleach (ソークト・イン・ブリーチ) カートコバーン 死の疑惑」。

199448日に亡くなったカート・コバーン。シアトルの自宅で発見されて、死因は自殺といわれています。

この映画では、カートの他殺説という角度から様々な仮説を立てて事件の真相に迫るドキュメンタリー。妻であるコートニー・ラブの証言や当時の警察の対応など、約20年に渡ってカートの死の真相を捜査してきた私立探偵トム・グラント。

現在でも多くの方が、カート・コバーンは何者かによって殺されたのではないかと疑問に思っています。気にならないようでも何か気になるカートの死の真相。カートのコアなファンなら一度を見ておくべき映画です。

ソークト・イン・ブリーチ ~カート・コバーン 死の疑惑~ [DVD]

4. About a Son (アバウト・ア・サン)

アバウトアサン

カート・コバーンのインタビュー取材を元にした映画「About a Son (アバウト・ア・サン)」。当時、シアトルの自宅でインタビューを行ったカート・コバーン。彼の生い立ちからバンド結成の話。さらに、好きなアーティストや妻であるコートニーについて語っています。普段、めったに取材に応じる事が無かったといわれているカートコバーンの貴重な取材テープ。彼のまた違った側面を見る事ができる内容です。

カート・コバーン アバウト・ア・サン デラックス版 [DVD]

5. All Apologies (オール・アポロジーズ)

オールアポロガイズド

カート・コバーンの生涯を振り返るドキュメンタリー映画「All Apologies (オール・アポロジーズ)」。これまでカート・コバーンに関わってきたバンドのメンバーや関係者たちのインタビューを収録。カートコバーンの人物像を様々な角度から見る事ができます。

ちなみにタイトル名の”All Apologies”は、ニルヴァーナの有名な楽曲として知られています。ニルヴァーナについて知りたい方は是非チェック。

カート・コバーン – ALL APOLOGIES [DVD]