FASHION

【変わらぬスタイル】アメカジファッションの定番ブランド15選

アメカジファッションブランド

アメリカモノ好きはもちろんのこと、カルチャー魂をいつまでも掻き立てる「アメカジファッション」。ファッションは常に流行や変化を繰り返していますが、アメカジのスタイルは基本的にはいつまでも変わりません。カジュアルの王道として君臨するアメカジファッションは、間違いなく愛着が湧くアイテムがたくさん揃っているのは紛れもなく事実です。

今回は、これだけは押さえておきたいアメカジファッションの定番ブランドを紹介します。

アメカジとは

アメカジデニムphoto credit: Ass via photopin (license)

アメカジ=アメリカンカジュアル (American-Casual)を略した名称のことを指します。

文字通りアメリカのカジュアルスタイルに使われる言葉で、デニムやチノパン、ワークウェアに至るまで、その範囲は広い意味で使われています。アメカジを簡潔に説明すると、”アメリカンテイストの衣料品”と解釈すればわかりやすいかと思います。

アメカジファッションは基本的にはラフでカジュアルな着こなしが特徴です。ヨーロッパのファッションで多く見られる身体のラインを出した細身のシルエットとは対照的に、アメカジファッションはゆったりとしたスタイルをしています。その理由は、多くのアメカジブランドが元々労働者に向けて製作したり、軍用に作られたアイテムがメインだからです。

また、終戦後のアメリカ経済の発展と共に製造されてきたアイテムが中心なので、より機能性や着やすさを重視する傾向があります。

アメカジファッションの定番ブランドを紹介

世の中には実にたくさんのアメカジファッションのブランドが存在します。ここでは全てを紹介しきれないので、アメカジの中でも特に定番といわれているブランドを紹介します。アイテム選びの参考にしてみてください。

1. Hanes (ヘインズ)

ヘインズ赤パック

1901年創業の肌着メーカー「Hanes (ヘインズ)」。ブランドの象徴ともいえるパックTシャツ。アメリカのスタンダードなアイテムとして長きに渡って人々に愛され続けているアメカジ定番アイテムです。買い替えやすいリーズナブルな価格帯と着心地の良さが魅力。夏は一枚で、冬はシャツのインナーとして年間を通して活躍してくれます。

>>(ヘインズ)Hanes 3P レッドパック クルーネックTシャツ

2. RED WING (レッドウィング)

レッドウィング875

アメリカ中西部ミネソタ州で創業したブーツブランド「RED WING (レッドウィング)」。元々アウトドアや地元のワーカー達が愛用していたことで知られるレッドウィングのブーツは、その機能性と履き込むごとに表れる独特の”味”が何より魅力的です。

1952年に発売された代表的なアイリッシュセッターは履きやすくて、普段のアメカジファッションに合わせやすいモデルで今も変わらぬ人気があります。

>>[レッドウィング] REDWING アイリッシュセッター レッドブラウン 8875

3. Champion (チャンピオン)

チャンピオンスウェットシャツ

現在でも”スウェットの王様”として君臨するアメカジ定番ブランド「Champion (チャンピオン)」。アメリカの学生を中心に人気が広がったチャンピオンは、シンプルながらも細かなディテールに定評があり、クラフトマンのこだわりを感じさせるスウェットが最も代表的なアイテムです。

古着屋でも見かけることが多いチャンピオンのスウェットシャツ。1枚あるだけで何かと重宝するアメカジ必須アイテム。

>>(チャンピオン)Champion クルーネックスウェットシャツ

4. CONVERSE (コンバース)

コンバースオールスターハイ

1908年、アメリカ・マサチューセッツ州で創業した「CONVERSE (コンバース)」。歴史あるアメリカブランドの代表格として、これまで数々の名作を生み出してきました。なかでも、1917年に発売したキャンバス地のオールスターは世界的に最も有名なスニーカーで定番モデルとして、現在でも根強い人気があります。この普遍的なデザインとシルエットは、アメカジファッションに相性の良いスニーカーです。

>>(コンバース)CONVERSE キャンバスオールスターHI オプティカルホワイト

5. FIVE BROTHER (ファイブブラザー)

ファイブブラザー

アメリカのワークウェアブランド「FIVE BROTHER (ファイブブラザー)」。ブランドを代表するネルシャツは、ヘビーフランネル生地を使用した頑丈な作りが特徴。アメカジらしい古着テイストな風合いと現代的なシルエットで馴染みやすいシャツでアメカジフリークに人気があります。絶妙なチェック柄の配色がさらに雰囲気を引き立てます。

>>(ファイブブラザー)FIVE BROTHER チェック エクストラ ヘビーネルシャツ

6. GRAMICCI (グラミチ)

グラミチパンツ

ロッククライマーのマイク・グラハムが立ち上げたブランド「GRAMICCI (グラミチ)」。カリフォルニアの小さな倉庫から生まれたグラミチは、これまでに多くの機能性に富んだ商品を展開。アウトドアブランドとしてあまりにも有名なブランドです。

ブランド開始時に登場したグラミチパンツは、ガゼットクロッチを採用した動きやすさで快適な履き心地で人気があります。アメカジスタイルの特徴であるカジュアルな気軽さに自然とマッチします。

>>(グラミチ)GRAMICCI PANTS グラミチパンツ

7. Wrangler (ラングラー)

ラングラーランチコート

カウボーイのライフスタイルブランド「Wrangler (ラングラー)」。有名ミュージシャンも多く愛用していることで知られているラングラーは、冬のアメカジ定番アイテムであるランチコートが有名です。裏地にボアを使用することで保温性を高めて、着丈を長めにすることで防風性の効果もあります。胸ポケット部分にはラングラーの「W」ステッチを配置。アメカジらしいアイテムです。

>>Wrangler [ラングラー ] RANCH COAT ランチコート

8. KELTY (ケルティ)

ケルティーバッグ

1952年にアメリカ・南カリフォルニアでブランドをスタートさせた「KELTY (ケルティ)」。バックパックのパイオニア的存在であるケルティは、アウトドア愛好家が絶大な信頼を寄せているブランドです。バッグに必要な機能性と耐久性を重視したプロダクトはアメリカブランドとして誇りを感じます。アメカジのスタイルに合うレトロな雰囲気も魅力のひとつです。

>>[ケルティ] Kelty MINI FANNY

9. RALPH LAUREN (ラルフ ローレン)

ラルフローレンボタンダウンシャツ

トラッドスタイルの代表的ブランド「RALPH LAUREN (ラルフローレン)」。1967年の設立以来、理想的なアメリカンライフを再定義し続けている稀有なブランドです。古き良き文化を尊重し、現代的なスパイスを加えたラルフローレンの服作りは、上品なアメカジスタイルにぴったりなブランドです。代表アイテムのボタンダウンシャツをさらっと着こなしましょう。

>>(ラルフローレン) RALPH LAUREN オックスフォード ボタンダウンシャツ ホワイト

10. Danner (ダナー)

ダナーブーツ

1932年にアメリカ・オレゴン州で創業したブーツメーカー「Danner (ダナー)」。無骨なアメカジスタイルには欠かせないアウトドアブランドとして不動の地位を確立しています。1979年にゴアテックス社との共同開発で誕生した”ダナーライト”は完全防水仕様で汎用性の高いアウトソールを使用した人気モデルです。見た目以上に軽やかで履きやすいのが特徴です。

>>(ダナー) Danner ダナーライト ティンバー ブーツ Danner Light Timber

11. LEVI’S (リーバイス)

リーバイスデニム501

アメリカが生んだキング・オブ・デニムにふさわしいブランド「LEVI’S (リーバイス)」。アメカジファッションのブランドをひとつだけ選ぶとしたら、リーバイスは間違いなく最有力候補として挙げられます。すべてのデニムの原点として君臨する代表モデル[Levis 501®]。同時に、”アメカジの原点”である絶対的なブランドとしてこれからも魅了し続けます。

LEVI’S E-SHOP【公式通販】

12. Ray-Ban (レイバン)

レイバンウェイファーラーphoto credit: IMG_8562 via photopin (license)

1937年にボシュロム社から発売されたサングラスブランド「Ray-Ban (レイバン)」。元々アメリカ軍のパイロット用に開発されたレイバンのサングラスは、実用性だけではなく、その後ファッション性にも注目される存在となります。かつてボブ・ディランやジョン・F・ケネディが愛用していたことで知られている”ウェイファーラー”は、世界基準で認知されているアメリカを代表するサングラスモデルです。

>>Ray-Ban レイバン WAYFARER ウェイファーラー

13. Dickies (ディッキーズ)

ディッキーズパンツ

アメリカの歴史あるワークウェアブランド「Dickies (ディッキーズ)」。長きに渡ってワーカーのために作り続けているディッキーズのアイテムは、生地が頑丈で耐久性に優れているのが特徴です。中でも、ワークパンツが最も有名なアイテムとして人気があります。現在では、時代に合ったさまざまなシルエットを展開し、アメカジスタイルをすぐに表現できるディッキーズのワークパンツは永遠の定番です。

>>(ディッキーズ)Dickies TC ストレッチ ナローパンツ

14. goro’s (ゴローズ)

1971年に高橋吾郎氏が創業したインディアンジュエリーブランド「goro’s (ゴローズ)」。高橋吾郎氏は現地のインディアンから”イエローイーグル”という名を日本人として初めて授かった人物であり、またインディアンジュエリーの第一人者といわれています。全てハンドメイドで製作されるゴローズのアクセサリーは、現在でも原宿のショップで長蛇の列ができるほど人気があるレアアイテムです。当然のようにゴローズのアクセサリーはアメカジとの相性は抜群に良いです。

15. NEW ERA (ニューエラ)

ニューエラヤンキースキャップ

アメリカ発のカジュアルキャップ&アパレルブランド「NEW ERA (ニューエラ)」。メジャーリーグベースボール(MLB)唯一の公式キャップメーカーとして影で支えている存在であり、アメカジでは定番のキャップとしてストリートへと浸透。現在ではさまざまな種類のキャップを展開しています。なかでもニューヨーク・ヤンキースのキャップは定番モデルとして根強い人気があります。

>>NEW ERA ニューエラ NEWERA CAP YANKEES MLB BLACK/WHITE